« 1250周年記念 | Main | 愛の誤解 »

09. 06. 01

漢字のテスト?

うちの家では滅多にテレビって見ない。
今度地デジだけになったら、いい機会だし
もうテレビをやめてしまうのもいいなぁ、
と話してる。

それがたまたま昨日はテレビをつけていて
で、映ったのが平成なんたらかんたら委員会、
っていうの。
で、見てたらさ、国語、っていうから、何が出るのか、と
思ったら全部漢字の問題でさ。

で、漢字の問題とか言いながら見てたら、
あんなもの、漢字の問題じゃなくて、単なる漢字パズルじゃないか、
って思った。

でも、あれって、○○中学とか△△高校の試験問題、って
いうので出題されてるわけでしょ?

まぁ、あんな問題だけでなくて
文章読解とか、文学史とか、古典とかも出るんだろうとは
思うけどさ。
あれはちょっとひどいなぁ、って思った。
あんな問題で答えを問うから、逆にこういう問題が
出るんだ、ってああいう問題の試験対策なんか
してしまってさ。あんな細切れの知識覚えたら
それでいい、っていうことになっちゃってんじゃない?

俺、出題者に聞いてみたいなぁ、って思う。
あんなのできたからって、何の意味があるんですかね、って。

こないだ、ずっと国語の家庭教師で見てきた高校生が
「今年漢○どうしたらいいと思います?」
って聞いてきたから、説明したの。
前に彼が中学生だったときは、学校の方針で
受けなさい、っていうことだったから、俺も
何も言わなかったんだけどさ。

このブログというかホームページの「百の扉」から
ずーっと読んでくださっている人は、俺の立場って
一貫している(というか、またはじまった、(笑)
っていうようなものですが。)のだけど、
いくら漢○で○級通りました、って言ったって、
その受かった級にふさわしい漢字とか言葉遣いが
その人の日常の生活の中で使えないと
ダメでしょ?

だって知ってることと、知って、それを自分のものとして
消化をして普通に使えることは、また別だもの。
知ってたって日常で普通に遣えないとどうにもならないじゃないか、
って俺、ずっと言ってきたもんね。

例えばさ、
最近ホントによく見る間違いなんだけど、
お店のことを「何件」って書いてるの。
この間違いすごく多い。
あちこちで目にする。


店って、建物なんだからさ、「何軒」じゃないとダメでしょ?
「何件」の「件」っていうのは「ことがら」を数える時に使うんだよ。
「じゃあ、店って事柄なの? 違うよね。
建物として数えるんだから、「軒」じゃないと
間違いだ。だけど、平気で「お店5件回った」なんて
書いてあるのは、自分で間違いに気がついていないからで、しょ?

こういう間違いって、「なんけん」って発音だけで選んで、
字、そのものまできちんと合ってるかどうか、まで見てない
証拠じゃないか、って思う。

で、いろんな人のブログで間違って書かれても、
それが正しい、って思い込んでて、それを使う。
だもんで「間違いの伝播」が起きる。そうして
間違いは間違いのまま拡がっていく。
間違いの拡大再生産。(笑)


俺、思うんだけど、漢字パズルをどうこう、
なんてやってるより、もっと差し迫った
「ガチムチ体系」とか「お店5件」とか書かれたもの
を見て、「間違ってるぞ、この字。」ってちゃんと
分かることができるかどうかを見るような
もっと基本的な部分の問題で見ないとねぇ、って思うよ。


そっちのほうがよほど大切なんじゃないか
って思うけど。
だってそんな間違い平気で書いてる人
実際にすごく多いもん。
間違いが間違いだって思ってないから
そういう字を書いてるわけで。
間違いが間違いと気づかれずに
一人歩きしてる、ということでしょ? それはちょっと
怖いなぁ、って思う。

と、テレビを見ながら昨晩はそんなことを思ったのだった。

|

« 1250周年記念 | Main | 愛の誤解 »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

 昨日の朝アップしたエントリ,見返したら「下りる」と「降りる」をごっちゃにしてました・・・(大汗)
 ちょうどいいので,見せしめとしてそのままにしておきます(直すのが面倒という説も 笑)

 難漢字の問題だけ出しといて,それで「教養です」なんていわれても,困っちゃいますよね〜(苦笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 09. 06. 02 at 오전 12:42

---Ikuno Hiroshiさん
パソコンというのかワープロソフトが普通に使われるようになって、すごく増えたのが、同音の間違いですよね。「体系」だって「お店5件」だって、全部同音の間違いです。
いや、こんなえらそうなこと書いておいて、俺も結構間違いがあったりするんですけどね。(笑)でも、やっぱり最低限、自分の書いたものには、表記も含めてちゃんと責任は持たなきゃなぁ、っていうのは考えないといけないですよね。
せめて、

Posted by: 謙介 | 09. 06. 02 at 오전 6:06

読み書きできるにこしたことはないんでしょうけど、余り使わない難しい漢字を憶えるより、一般的な漢字を使いこなす方が必要かなと思います。そういえば、少年マンガはなるべく漢字をひらくけれど、女の子向きにはわざと難しい漢字を使ってルビをふるって伺ったことがありますけれど、女の子って耽美的なものに憧れる時期、わからない漢字だらけのものが好きだったりするんですよね。はるか昔の私もそうだった記憶があります。でもオバサンになって、手で文章を書くことが減り、情けないことにどんどん漢字が書けなくなっていってます。
先日、娘の本を見ながら ずがいこつと申しましたら、とうがいこつ と直されました、なんだか腹がたちました!

Posted by: アリクイ | 09. 06. 02 at 오후 2:34

---アリクイさん
俺も全くそう思います。英吉利が読めたから○検の○級に受かった、っていうことより、ごく普通の日常の言語表現がどうか、っていうほうがもっと大切なんじゃないですかね。あ、うちの主治医も同じことを言っています。先日、診断書を書いてもらったのですが、診断書は手書きなので、目の前で書いてもらっていたら、えーっとえーっと、っておっしゃるので、どうしたんですか? とお伺いしたら、やっぱり日常で字を書くことが減ったので、書く習慣が減って、で、どんどん字を忘れている、というお話でした。書かないから遣わない、遣わないものは頭が不要と判断をして捨て去る(=忘れる)ということになるのでしょうね。俺もなるべくペンとか鉛筆を持って時間のあるときは自分の手で書くようにしています。

Posted by: 謙介 | 09. 06. 02 at 오후 11:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/45204438

Listed below are links to weblogs that reference 漢字のテスト?:

« 1250周年記念 | Main | 愛の誤解 »