« 源氏ですかぁ? | Main | 2008年の終わりに  »

08. 12. 18

ともあれ、生きていかなければなりません。

昨日から、今日にかけて、辛いことが起こりました。
自分の存在を否定されるような内容です。


それは、、と、しばらく言葉も出ませんでした。

けれども、と、思いなおしました。
まだ、命がなくなったわけではありません。

おかげさまでいまのところ、何とか
毎日を送ることはできています。
それならまた、もう一度やり直しだってきく。
(正直、まだその気持ちにはなれませんが。)


放っておいたらどんどんひどい方向に
ひきずりこまれるでしょう。
ですが、こういうときこそ、やせ我慢でも
なんでもいいから、自分の気持ちに
ハッタリをかまして、立っていなければ、
と思います。

更新がとぎれとぎれになるかと思いますが、
それこそ、この時を何とか「しのいで」
やっていくつもりです。


今日は短めですが。これにて。


|

« 源氏ですかぁ? | Main | 2008年の終わりに  »

おもうこと」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、謙介さん。
素通りできませんでした。私の思いです。

その辛いことの内容は察しがつきませんが、我慢しなくていいと思いますよ。
自分の気持ち(怒りや哀しみかな?)をそのまま味わってみたらどうでしょうか。泣いたり、叫んだりしてもいいですよ。
苦しいことでしょうが、それで次に進めると思います。
無理して立ち続けずに、座ったり横になったりしましょ。

Posted by: エト | 08. 12. 18 at 오후 9:47

 時々,柳のようにどんな風もしなやかに受け流していければなあ,と思うことがあります。

 遠くで何もできませんが,早くしのぎきれることをお祈りしてますね。

 でも,焦らず,ゆっくりと。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 08. 12. 19 at 오전 1:12

あまりがんばらないで、ご自分を甘やかして下さいね。
禍福は糾える…と申します、クリスマスとともに、謙介さんのもとへたくさんの幸せが訪れますように。

遠くからですが、応援しております。

Posted by: アリクイ | 08. 12. 19 at 오전 7:32

人生、いろいろなことが起こりますよね。30歳を過ぎてから、しみじみそう感じます。
年を重ねるごとに出来事が重大で切実になるようで、年老いて衰えていく身になんと残酷なことだろうと思います。
ただ、智恵というか、やりすごすすべが身についてくることは確かです。
謙介さんは大丈夫ですよ。私は信じています。そうあることを祈っています。

Posted by: mishima | 08. 12. 19 at 오전 11:13

----エトさん
はじめまして。それから、おことばどうもありがとうございました。
昨日はさすがにいろいろと考えて寝られませんでした。
正直、まだがっくりときている部分が大きいです。
ただ、いろいろな人の失敗したり、ほとんど絶望しかかった
ような話の本を読んで、自分にふりかえって考えました。
もうちょっと時間はかかると思いますが、
これもまた受け入れていかないといけないのですね。
(ただ受入にはまだまだ時間がかかると思いますが。)
ありがとうございました。

Posted by: 謙介 | 08. 12. 19 at 오후 1:31

----Ikuno Hiroshiさん
結構、のほほん、と生きていたようなつもりだったのですが、
それでも、自分が拠ってたつところを痛罵されたら痛かったです。
もうちょっと今の状況を受け入れるのは時間がかかるかも
しれません。
休め、ということですよね、きっと。
おっしゃるように、ここいらで一服して
もう一度自分を見てみたいと思います。
お言葉うれしかったです。どうもありがとうございました。

Posted by: 謙介 | 08. 12. 19 at 오후 1:36

----アリクイさん
本当におっしゃるとおり、禍福はあざなえる縄の如し、
ですね。ピンチとチャンスって交互に来るように思います。
ピンチばっかりでもなかったし、、、
今の状況を受け入れるのに、もうちょっと時間は
かかりそうですが、すべてがなくなったわけでも
ない、ので、何とか建て直しはできるかなぁ、
という気でいます。(まだ空元気ですけど。)
禍福は、、、そう思いながらやっていこうと思います。
ありがとうございました。

Posted by: 謙介 | 08. 12. 19 at 오후 1:40

----mishimaさん
おっしゃることよくわかります。
今度のこと、二十代で経験していたら、
きっともっと大きなショックだったと思います。
それなりに今までいろいろなことがあったので
こういうときは、しんどいながらもどうしたら
ちょっとマシになれるか、ということも少しは
分かったおかげで、いままでよりは少しマシかなぁ
とも思っています。
もう少し休んで、また周囲を見て、自分がどうしなくては
いけないか、考えようと思います。
いつもどうもありがとうございます。

Posted by: 謙介 | 08. 12. 19 at 오후 1:44

出来事の想像がつかないから言葉のかけようもないけれど、「自分の存在を否定」したのが他人であれば、なにも悩むことなどないと思います。しんどいし、つらいけど、どうこう悩む必要はない。他人は他人なんだからね。そういうときこそ自分をしっかり持って、つらさに耐えてください。痛みはいつまでも続きませんから。

Posted by: athico | 08. 12. 19 at 오후 5:04

こんばんは、ご無沙汰しております。
真介です。
コメント残させてもらいます。
素通りできないです。

どんな事があったのかは知る術はありませんけれども
自分を否定するのだけは決して止してください。
僕は謙介さんと会ったことをホントに宝物のように
思っています。

元気出してください。

Posted by: 真介 | 08. 12. 19 at 오후 7:41

----athicoさん
そうですね。ただ、今回のことは、自分で自信を失いかけて
いた時に、後ろから押されるように、ダメ押しをされたんで
参っているのだと思います。もうちょっと自分に「張り」が
あったときなら、大して気にもとめなかったのですが。
ともあれ、態勢をもう一度立て直して、自分自身もこの際
点検をして、もう一度、と思っています。
ありがとうございました。
今度もまたご一緒にうどんツアーしなくてはいけませんもんね。

Posted by: 謙介 | 08. 12. 19 at 오후 10:58

-----真介さん
俺も、こないだミナミを歩きながらいろいろなこと
お話できたの、すごくうれしかったですよ。
今度はもっと本の話もしないといけませんよね。
もうちょっとかかるかもしれませんが、
明けない夜はない、と思っています。
本当にどうもありがとう。

Posted by: 謙介 | 08. 12. 19 at 오후 11:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/43458201

Listed below are links to weblogs that reference ともあれ、生きていかなければなりません。:

« 源氏ですかぁ? | Main | 2008年の終わりに  »