« 奈良をまわる(その2) | Main | 暫時休憩 »

08. 10. 30

会議はおどらず。然れども、得進まず

さて、いよいよ今日から3日間。
会議がはじまります。
ホテルは交通のアクセスを考えて
梅田に取ったのですが、
会場は少し離れたところにありました。


会場まで行く方法はいろいろあります。
地下鉄で途中まで行って、そこから
バスに乗る方法。
それから阪急で途中まで行って、
モノレールに乗る方法。

謙介は阪急が好きなので、阪急で行くことにしました。
(持ってるピタパカードもスタシアですし。笑)
なので、途中からモノレールに乗り換えです。

時間を調べてはいたのですが、阪急の梅田に
意外に早く着いてしまったので
一つ早い電車に乗ることになりました。
おかげでモノレールの接続駅にも
予想よりも相当に早く着くことになりました。

さて、モノレールです。


Monorail

だけど、モノレールって、
そう乗り心地のいい乗りものでも
ないですねぇ。(笑)

途中にこんなのもありました。
人類の進歩と調和。
(ビヴァ EXPO ’70)

Taiyo


会場の最寄の駅に到着しました。


これが会場の近くの建物です。

Shiroikyoto

(ざいぜんきょうじゅはいずこ? w)

Kaijyo

これが会場の建物です。

会議は午前9時過ぎから、夕方の6時まで、70分がひとつの単位で
日程がそれはそれはびっしりと詰まっていました。
午前中は全体会議で発表者の報告を聞くのですが、
午後は分科会に分かれて、討議をし、その後
意見の取りまとめをしなくてはなりません。

謙介は、いつの間にか
分科会の取りまとめの
係りをおおせつかってしまいました。
ひえええええ。
俺が人の話を聞いて
方向性を出して、討議を行い、
総会で分科会の意見をまとめ、
発表しなければならないのです。

にもかかわらず、うちの分科会ったら、
もうねぇ、、みんながみんな好き勝手なことを言ってくれて
意見が全然集約できないのですよ。
話の流れがA→B→C→ Dと自然に流れていってくれたら
いいのですが、そんなことはありえません。

A→Nへ、びよおおおんと飛んだと思うと、今度はVに行き、再びK
にもどる、と。全員が全員他の人の意見にはんたーいって言うし、、
まったくもって
なんじゃこりわ、の世界です。


正直目の前は暗くなるし、頭痛がして
きました。
一日目は、とにかく分科会の参加者からそれぞれの意見を
出してもらうところで終了しました。


2日目は、それをまとめて、うちの分科会の討議の
テーマを決めて、それについて、意見を出し合う
ということをします。

3日目は、その出た内容を
まとめ、総会で発表する、という段取りです。一応の
段取りはそうですが、世の中ああた、段取りどおりに
ことが運ぶなんてことは、そうそうはあり得るものでは
ありません。

実際今回の会議も最後の最後まで、どうなるやら
分からない展開でした。
もう最後15分で急転直下終わった、というか
強引にまとめあげて、文字通りの終止符を
バーンと打ったというか。(笑) 打たせたというか。

でも、いいんだ。

だって終わっちゃったんだもん。♪
と、終わった今は鼻歌です。


こういうときの楽しみはただひとつです。
食事です、というか 食事のはずでした。


気分転換もかねて食事に行こうと思いました。
会場は飲食禁止なので、外に出て食べるしか
方法はありません。
で、近くのカフェテリアに行ったら、
満席で座るところがないのです。
これがちかくのおされな外観のカフェです。


Takumi

結局この店は、一日目の晩にあった
レセプションで使ったのですが、、、、
でも味はあんまりおされではありませんでした。

だってさー、出てきた料理、
みーんなレトルトなんだよー。
レトルトって、すぐ分かってしまう味付けというのもねぇ、、。
悲しい。
何でレトルトって分かるのか?
そんなもの、あちこちの宴会に出たときに
みーんな全く同じ味付けの同じ形状の
料理が出てきたら、どうですか?

もしもちゃんと厨房で作っていたら、
全国全く同じ味付けの同じ料理が
出てくるなんてありえないはずでしょ。
でも出てくる。(笑)


それにレトルトって、鼻のところに持っていくと
独特のにおいがするから分かるんだもん。

デザートのケーキだって、全部冷凍の解凍もの
ばっかりだったし、、。


お昼は、そのおされなカフェが混んでいたので
ちょっと離れた別の食堂に行きました。
時間がなかったので、手っ取り早く
カレーとサラダにしました。

それが、俺、あんまり食事のことは
言いたくないんですが、目をみはるくらい
まずい、カレーでした。
カレーなんて、少々出来が悪くても勢いで
何とかまとまりのつくような料理のはずです。

しかし、、ご飯に芯が残っています。
サラダも、ちょっとなぁ、、というような
ものでした。
思わず、なんでこんなにまずいんだろう、と
真剣に考えたくらいのまずさでした。

なんでこんなにまずいんだろう、、、。
食べながら、考えたのですが
その料理からは、
誰かに食べてもらおう、っていう
意思が全然感じられなかったのです。
いえ、何も家族に食べてもらうように
「心をこめて」なんていうことは言いません。
でも、売るためにはおいしくしよう、という
努力があっていいはずです。
営業努力というか。

そういうものが全く欠落したとき
それは食事ではなくて、「食餌」になると
思います。「餌」です。つまりは「エサ」。
あいつらに食わすんだから、
こんなものでいいだろう、とか
料金が安いんだから、少々悪い原料で
手を抜いて出したんだ。値段から行ったら
この程度でいいんだ、っていうような
そんな態度がもうはっきりと出ている
というようなものでした。


何か食べ物というより工業製品みたいな感じ。
いつもこんなごはんを食べさせられている人は
不幸だよなぁ、、。って俺は思いました。
幸か不幸か、他に行く店があまりないのか
その食堂、結構混んでいました。


奈良へ行った日は快晴だったのに、会議の日程の
間中、ずっと雨でした。


実は謙介は大阪駅の駅弁、水了○のお弁当が大好き
なので、2日目以降、来る時に大阪駅で駅弁を買って、
外で食べようかとさえ考えました。
水了〇のお弁当、さすがは大阪の競争の激しい
街で駅弁をしているだけのことはあるような、
どれもこれもレベルの高いおいしいお弁当です。
大阪駅に行ったら、何はともあれ水了〇の弁当は買います。


大阪駅、結構いろんな業者のお弁当やら
ランチパックが売られていますが
おいしい! のは水了〇のです、
間違って他の業者を買ってはいけません!
と思わず力説するくらい好きですし、いいです。

でもずっと雨が降っていました。なので、
お弁当を買って、外の
ベンチで、ということもできませんでした。

まぁねぇ、とりあえずおなかが
一杯になりゃ、それでいい、っていうことだって
ありはしますけど、、。
でも、折角の食事が、これではなぁ、、。
なんだかエサみたいなご飯を前に、
ちょっとあれこれと考えてしまいました。

とりあえずご飯を食べて午後からの会です。

    ×     ×     ×


途中の説明を大幅に割愛します。
結局3日目、無事に分科会の意見をまとめ
資料を作り、プレゼンテーションの準備をして
総会で発表することができました。
一日目、二日目とも、ホテルに戻って、
分科会の参加者から出た、意見で集約
できるところは集約し、対立するところは
どういう部分が対立しているのか自分なりに
まとめてなるべく単純化してみました。
その意見の違い、共通部分について
翌日に参加者に諮って、さらに話し合いをして
いきました。そうしたことがよかったのかも
しれません。
発表が終わって、ステージから席に戻るときは
ちょっと足ががくがくしました。

あ、これは緊張して足が
がくがくなったのではありません。
(謙介は、人の前で話をするのって、
全然緊張しないんですよ。
300人くらいまでだったら、
全然なんともありません。
普通に話します。)
足ががくがくしたのは、
ようやっと終わって
放心状態になったからです。

とりあえず終わりました。
やったー♪

懸案の昼の食事ですが、二日目も
三日目も諸準備に対する時間がなくて、
分科会で親しくなった方にパンと牛乳を
買ってきてもらって、会議のまとめの間に
建物の入り口まで出て、ささっと流し込みました。

まぁそんな感じで、会議は3日目の午後5時半に
終了したのでした。

もうちょっと晩はのんびりできるかなぁ、と
思ったのですが、唯一
2日目の晩は、以前サイトにリンクして
くださっていたJoさんに久しぶりでお会い
することができました。
久しぶりに会って、もうちょっといろんな話も
したかったのですが、

俺のほうが、↑のことで早く帰って、
分科会の話のまとめを作らないと
いけない)というような理由がありまして
あまり二人でゆっくりと話をする時間がなかった
のがかえすがえすも残念だったのでした。
それでも話ができて楽しい時間を過ごすことが
できました。

それが唯一、会議でぐちゃぐちゃになった
頭の中や気分転換になったかなぁというような
ことでした。

まぁそんなこんなでいろいろありましたけど
仕事のことも一応、そういうふうに
成果らしいものを作って
ひねり出すことはできたので、
よし、とすることにしました。

さて、会議も終わりました。
土曜日は友達に会う日にしていました。
長くなりました。とりあえず、今日はここまでにします。

今週の月曜まで、よりによってこの時期に
ゑちごやで嫌味としか思えない
展覧会やっておりました。(笑)


(今日聴いた音楽 ブーケ・ダムール
 歌劇 会議は踊る から 宝塚歌劇団
 1975年のレコード)

|

« 奈良をまわる(その2) | Main | 暫時休憩 »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

 あう,コーンウォール公爵夫人のお立場が・・・(苦笑)

 食事ではなく食餌。
 出す方も出す方ですが,それに甘んじる人もどうだかなぁと思うのです。
 それにしても,不味いカレーって・・・あ,一度だけ食べたことありました! やたら脂っぽくて胸焼けしそうなの。どうしたらこんなに不味くできるのか,レシピを聞きたくなりました(笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 08. 10. 30 at 오후 9:02

ごめんなさい、懺悔します。
私は「A→Ω」ぐらいな感じで、話を飛躍させてしまうので、
会議の場なんて、とても無理です。
そして、相手にものすっごい失礼があったり、
混乱させたりすることが多い人間です。
許してください。

マッズイラーメンなら食べたことありますけど、
自分の作る料理も大して変わらないような気がするので、
以後、気をつけます。食べてくれる人は、あまりいませんが…。

Posted by: ヒシ | 08. 10. 30 at 오후 11:38

---Ikuno Hiroshiさん
 いや、どこをどやったら、って思ったんですよ。ホント。でも、やっぱり食べ物を粗末にするのはもったいないですから、最後まで、食べました。だけど、正直、あれはなぁ、とちょっと思いました。もうちょっと何とかなっていいんじゃないの、とか。

Posted by: 謙介 | 08. 10. 31 at 오후 9:55

----ヒシさん
いやまぁ俺もしょっちゅう飛ぶのでそれはだれにでもある、と言えばあることだと思います。ただ、会議だったので、もうちょと議事運営に協力してくれてもなぁ、、って思ったわけなんですよ。

Posted by: 謙介 | 08. 10. 31 at 오후 9:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/42934082

Listed below are links to weblogs that reference 会議はおどらず。然れども、得進まず:

« 奈良をまわる(その2) | Main | 暫時休憩 »