« こんぴら歌舞伎(その4) | Main | 定期健康診断 »

08. 04. 30

お勉強中

Study


実はこれ、今お勉強中のテキストなんだ。

先日、(といっても2月の最後の日)著作権の講習会があったので
出席していろいろ聞いてきた。目下その復習中。


著作権っていうのは文部科学省の中の文化庁という
役所の担当。ここは、考えたらものすごく守備範囲の広い
役所で、たとえば、言葉の表記もここだし、著作権もここの
担当。それから、あの問題になった古墳とか遺跡の保存もそう。

(高松塚の保存では、文化庁、すっかりミソをつけてしまいましたが)

著作権の講習会って、毎年各ブロックにわけて(たとえば、近畿とか
中国、とか四国、とか九州とか)そのどこかの都市で必ずあるので、
俺もできるだけ参加するようにはしてるの。

というのが、著作権法っていう法律、もう毎年変更があるんだよ。
去年は、こうだったけど、今年からは、変更。なんていうのがざらに
あるからさ、毎年、どういうふうになったか、っていうのを
見ておかなきゃなんない。

謙介の場合、自分で原稿も書いているし、
職場の仕事の分担のひとつで、雑誌の編集も
しているので、著作権をきちんと知っておく必要が
やっぱりあるから。

俺の場合、最初にこの研修会に参加
したのが1992年でさ。

この時は3日間くらいぶっ続けでしかも朝から晩まで
あってさ、朝から晩まで、法律の条文を読まされて、
解釈の仕方とか聞いて、頭が爆発するか、と思った。
最初だったから、初心者向けの講習会で、
著作権法なんて全然知らない人が著作権法というのは、
こういう法律で、こういう運用をされる、っていうのを一通り学ぶ
講習会だった。

まぁそれ以来2年おきくらいに出席して話を
聴くようにはしてるの。でないと、間があいたらわかんなくなるし、、。

ことしの講習会は、午前中、お役所の人から基本的な
著作権についての話があって、午後は、職務別に分科会に
なって、それぞれのところで質疑応答をする、っていう会の
持ち方だった。
まぁ、午前中は、概説的なことで、何だ、こんなことなんて、、
みんな知ってるんじゃないか、
っていうことではあったんだけど、午後の会は、それぞれの
分野別で分かれて、つまり似た職種の人は人で固まったから
質問を聞いても、すごく参考になることが多くてさ。

あ、それそれ、その答えを聞きたかったんだよー
っていうような質問が次から次へと出てきて
あっという間に二時間が経っていた。

案外みんな知らなくてやっちゃいそうなことなんだけど、
図書館へ行って、新聞をコピーするときって、
当日の新聞はコピーはできないの。
雑誌も最新号はコピーはしたらダメなの。

何でか、って言えば、新聞の当日のもの、
ってキオスクなりコンビニに行けば、売ってるでしょ。
簡単に手に入ると。
簡単に手に入るものは、自分で買ってください、っていうのが
著作権法の基本の考え方なんだ。
だから当日のものとか、雑誌の最新号は
コピーはダメ。
できるようになるのは、その次の号が出て
そのコピーしたい資料がバックナンバーになってから。
だから新聞も昨日のものなら、かまわない。
雑誌も前の号のなら、かまわない、っていうこと。


最近はどこの図書館でも著作権を守りましょう、っていう
ポスターを貼って、厳しくそれを守ってください、っていう
図書館が増えてるからね。

図書館によったら、コピーしたものをチェック受けたりする
場合があるからね。文化庁もね、図書館ではコピーしたものを
確認してください、って、そこまで踏み込んで言ってるくらいなの。

それで、当日の新聞とか雑誌の最新号をコピーしてたら
「これは著作権法に違反しているので、ダメです。」って取られてしまう
場合もあるんだ。
俺の仕事場の街の図書館とか、実家の街の図書館は
結構厳しいもん。
後、それから住宅地図も厳しいの。例えば、
見開き両方のページを一度に
コピーなんていうのは、ダメなんだよ。
著作権法の中に、図書館でコピーできるのは、
複写したい資料の一部分、っていう規定があるの。

住宅地図の場合は、住宅地図の本1冊に著作権が
ついているのではなくて、
その中の、1枚1枚の地図、それぞれに著作権があることに
なってる。だから全部で80ページの地図の載ってる何とか村の
住宅地図だったら、80の著作権が発生する、と。
で、見開きのページをコピーしたら、それは
著作権のある資料1枚を全てコピーしたことになる、と。
だから、半ページならオッケーだけど、見開き全部を
っていうのは、ダメ、っていう解釈なの。

図書館なんか行ったら、住宅地図コピーしてる人結構
多いでしょ。なので、最近はどこの図書館でも
住宅地図のコピーは結構やかましく言われたりする。

みんなもそういう場合、言われる場合があるので、
確認してくださいね。
しかしまぁ、どうしてこうも法律の条文を読んでいたら
すぐに眠くなるのでしょう。(笑)


(今日聴いた音楽 果てなく続くストーリー
 歌 MISIA 2002 アルバム MISIA GREATEST HITSから)

|

« こんぴら歌舞伎(その4) | Main | 定期健康診断 »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

ブログを出して月日が経ちますが、
「バツ!!」的な表現があったかも…(苦笑)。
商用目的でなくても、細かなことが
たくさんあるんですね。

Posted by: ヒシ | 08. 05. 01 at 오후 5:20

----ヒシさん
 そうなんです。その講習会、午後から分科会に分かれて、質疑応答をしてもらったのですが。同じ部屋にいた方から、「こういう場合はどうですか? 」なんて質問があって、これはこうです、って係りの方が答えているのを聞いて、「やばいぞやばいぞ。」(笑)って思ったこともひとつやふたつではありませんでした。だけど、文化庁の方のお話にもあったのですが、法律をこう作ったから、と言って、その法律の適用の判断をするのは、司法機関なので、必ずしも、文化庁がこうしたら、っていうのと、裁判所が判断することが合ってるか、と言えば、違うことも多々あるんだ、っていう話でした。謙介、何だか話を聞いていよいよ頭がこんがらがってしまいました。(笑)

Posted by: 謙介 | 08. 05. 01 at 오후 9:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/41028958

Listed below are links to weblogs that reference お勉強中:

« こんぴら歌舞伎(その4) | Main | 定期健康診断 »