« 座敷ブタだって結構忙しい | Main | あ、急がなきゃ(こんぴら詣で:その1) »

08. 01. 22

急な宿題

さっき、日記をアップしようとして文章を
パタパタと打っていたら
2本電話がかかってきた。


ひとつは津の友達から。
赤福の営業再開だけど、来月中にご許可が
おりるらしい、とのこと。

また、みんな「赤福ぅ、、っ!」って買いに走ることに
なるのかな。
北海道の白い恋人も、再発売後は好調らしいから
きっと赤福も、やっぱり、赤福だよねー、っていうことに
なるように思う。

だけど、あんまり広範囲には出荷することは
もうしないだろうから、
以前のように、京阪神とか名古屋から奈良、京都、大阪にまたがる
近鉄沿線の主要駅のキオスクで、っていうようなことは、
ひょっとしたら無理かもしれないねぇ、、。というようなことを話す。

じゃあね、って切って、またパタパタとキーボード打ちを
再開していたら、また電話。

「あのなぁ、、」と、いきなりでございます。
「は、はい。」と硬直緊張するおいら。 電話は大学の時の
史学科のほうの恩師から。
学部で古事記・日本書紀を専門にしていたために、
国文と史学の両方の先生の指導を受けてたのでね。

もうねぇ、そのセンセイいつものことなんだけど、
「もしもし」もなければ、「○○です」も、なくて。
いきなり、「あのなぁ、ちょっと~ 調べてくれへん? 」
といういつものパターン。
「はい、なにを調べたらよろしいですか? 」
「万葉集の中でな、旅立つ女の子の旅路の行方を、
気にかけた母親の歌ってあったと思うねんけど、
あれ、何番の歌やったやろ。」
「え、ハイ。」
「調べてぇな。」
「はい。分かりましたぁ。」
とのご依頼。


あのね、ちょっと専門的になるんだけど、
万葉集は、全部の歌に1番から順に番号が
打たれていて、普通は、その歌の番号で
呼ばれるんだよ。(まぁ万葉集だけでなくて、古今集も
新古今もみんなそういう歌番号がついてはいるんだけどさ。)
たとえば額田王の「熟田津に船乗りせむと、、」の歌だったら
8番の歌、とか持統さんの「春過ぎて夏来たるらし白たへの、、」
の歌だったら20番歌、っていうふうに、歌番号がついてる。
で、呼ぶときは、この歌番号で何番歌、っていうふうに
俺たちは言うの。

センセイからの電話を切って、
えーっとなぁ、と記憶を頼りに調べてみる。
これが近いけどなぁ、、っていう歌が確か巻4にありはしたはず、、と
国歌大観を引っ張り出して探してみる。
国歌大観、って日本の古い和歌を上の句とか下の句で検索
できるようになっている本。やたら重い本。
Kokkataikan

で、記憶をたどって、そういえば、と思い出した。
こんなの。


   うち日さす 宮に行く児を まがなしみ 
      留むれば 苦し やれば すべなし


センセイのご依頼の内容からすれば、これが
一番合ってるようには思うんだけど、 、、

「もしもし、○○です。」とセンセイに電話する。
「はいはい。」
「この巻4の歌が一番おっしゃった内容に近い、とか
思うんですが、、。」
「なんや、その ですが、、っていうのん。」
「それが、これ、母親が歌った歌でないんです。」
「作者は? 」
「大伴宿奈麻です。ですから、男ですね。」
「おおともの、、?」
「ええ。大伴旅人の弟です。大伴坂上郎女のむこさんです。」

「そんなら、あかんなぁ、、。 おかあさんの、を探してんねん。」
「それがセンセイ、基本的に、旅に出るのは男で、女は
大抵家に留まって待ってる、、という歌ばっかりですわ。
そやから、どうしても女の子が旅に出る、となったら、
采女とか巫女という神さんに仕える、っていう仕事で、
っていうことになるでしょうね。」 と話す。
「そうしたら、遊行女婦 土師(うかれめ はじ)はどうや。」
「あれは、センセイ、宴席に侍って、の歌ですからね。
ちょっと旅立つ女の子、じゃなくて、旅立つ男との
わかれを惜しんで、、ということになるでしょう。」

と、ここまで、調べては電話し、電話を置いてはまた
調べ、、。

結局、万葉集には、ちょっとないかも、、ということに
なって、「そうしたら、覚え違いしてんのかもしれへんなぁ。
古今集くらいまで、時代下げて、調べてみてくれへん? 」
という更なる宿題が。
「2月におくらんならん、学会誌の論文やから、
今月中に調べといてな。」ということで、宿題が出てしまったのでした。
その上に、最後に「あんた、最近、勉強してるか? 」
とダメ押しされて、、。
「勉強,,,,,,,,してますよー」
「ほんまか? 」と言ってセンセイは電話の向うで笑ってる。「まぁ
ええわ。(この一言ですべてお見通し。)
「宿題、頼んだで。」
「はい。承知いたしました。」
久しぶりに焦りまくり、緊張しまくりの電話だった。

あ、でも、宿題は、まだこれから。
ふぅ。
ため息でございます。


(今日聴いた音楽 海岸通 歌 風 1981年版 レコードから
 イルカの海岸通の歌もあるんですが、風のほうが好きです。)


|

« 座敷ブタだって結構忙しい | Main | あ、急がなきゃ(こんぴら詣で:その1) »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

 息子だったら「旅人の宿りせむ野に霜降らば我が子羽ぐくめ天の鶴群」かな,と思ったんですが・・・違いますねえ;;;

Posted by: Ikuno Hiroshi | 08. 01. 23 at 오전 12:55

----Ikuno Hiroshi さん
 そうなんですよね。おっかさんとか奥さんが家にとどまって、息子なり旦那が用事で都に行く、とかいうのはホント多いんですけど。 
 あ、それから、Ikunoさん、関連で思い出したんですが、(笑)大伴宿奈麻さん、この歌を詠んだ時、広島にいたんですよ。備後国司で赴任してて、そこで詠んだ歌とのことです。 そんなことも思い出しました。

Posted by: 謙介 | 08. 01. 23 at 오후 10:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/17786713

Listed below are links to weblogs that reference 急な宿題:

« 座敷ブタだって結構忙しい | Main | あ、急がなきゃ(こんぴら詣で:その1) »