« 鉄ちゃんごころを刺激する (西への旅;その3) | Main | After the Game(後編 その2) »

07. 12. 10

After the Game(後編 その1)

After the Game(後編 その1)

俺は束村治樹。今、高校の2年で、
水泳やってる。
で、昼はガッコ行ってさ、おもしろくもねぇ
話聞かされて。
ま、バチャバチャ泳いでるのだけが、俺は
好きだったし、で、結構、自分的には
がんばってるつもりだったんだ。

だけど、ある時、これから練習、っていう時に、
部長にもうメッチャクチャに言われてさ。
すんげえショックでヤケになってさ、
バイト行って。 
バイト? まぁ簡単に言えば、ウリセン少年、
っていうのかな。
で、その晩に会ったオッサンっていうのが、
もうホントに嫌なヤツで。俺、もうこのバイトが
とことん嫌になったんだ。で、朝帰りになっちゃって、
ホテルからボーっと出てきたところで、
なーんとうちの水泳部の部長に見つかっちゃって。
それでまぁ、いろいろ話して。
部長に、練習にきちんと出て来い、
って約束させられちまったんだ。


けどさぁ、なーんか俺、もう前みたいに泳ぐ自信
なくなっちゃったし、だからもう全然ダメだし、
部活なんか全然行きたくねぇんだ。
どうしようか、って思ってるんだ、もう。


「あーあ。」朝から何度、ため息をついただろう。
「おい、束村。ツカムラハルキ! 」古文の酒井が、
俺の名前を怒鳴った。
周囲の連中は、関係ねぇや、っていう顔つきで、
自分たちの世界に没入しきっている。
「------」俺は思いっきり不機嫌な顔で
のろのろと立ち上がった。
「52ページ、最初の行から読んでみろ。」
「------」あーあ、それどころじゃないって、もう。
「ホラ。」
「わかりませーん。読めませーん。」 チェッ、
こんな昔のババアの書いたチンタラ長い小説なんか
読んでられっかよォ。 俺なんて、そんな化石みたいな
昔のことより、今の問題で悩んでんだ。 現代の
悩める青少年なんだ。 ったく。 あーあ、 ほかの
クラスはいいよなー。ラグビーなんか、お外で
やっちゃってさぁ。 あーあーあ。」

俺は酒井の顔なんか、一度も見ずに、
グラウンドのほうをぼんやりと眺めていた。
酒井はしばらくして、「もういい、坐れ。」と言った。
どーせ、このクラスなんて、バカばっかりだ。
教えたって、仕方がねぇ、、くらいにしか
思っちゃいねえんだ。 あいつ、二言目には
「オマエらは、ザル頭だ! 」とか言うもんな。
何も残らねぇザル頭。どーせ、ザルさ。 フン。
俺だって、こんなのたくさんだ。 どっちだっていいんだ。
ま、3年間おとなしく坐っていたら、紙切れもらって、
卒業までさせてくれる、って言うんだから、そうしといた
方がいいかな、っていうだけのことさ。

このクラスだって、やめてったのが、もう何人か
いるけどさ。俺はそんなことはしない。
やめるより、まだくだらねえけど、ここにいたら
泳げ、、あ、あーあ。そうだよ、その水泳でさぁ、
泳ぐのがさぁ、、まいったよなぁ、、。


そうだ、俺はイライラとして、足をガタガタさせた。
机が派手にガタガタと鳴った。奇妙に静まり返った
教室の中で、その音だけがむやみに大きく響いた。
酒井が振り返って、俺のほうを見て、ギロッと
にらんだ。 ほかの連中は、、
さぁ、 みんな、まじめにお勉強でもやっているんだろう。


                        (つづく)

          ×        ×          ×

先週の金曜日は、うちの女性職員の忘年会だったそうな。
(道理で、みなさん、早めにいなかったような、、。)
それが、二段構成の忘年会だったそうで。
まず、市営球場に行く。
それからしゃぶしゃぶ屋に移動。
え? なんで市営球場なのか。
実は大学野球の合宿がこちらでありまして、
早稲○のサイトウくんがきてたわけですね。
(さいとうくんが、というか、さいとうくん、も、
メンバーの一員なわけですから。)
実物のはんかちなんとかを見た後で、
しゃぶしゃぶ屋なんだそうで。
で、見られたの? って聞いたら、
ホラ、と携帯の画面を見せていただいた。
しっかり大きく写っている。


謙介のほうは、楽しい話などなく、お仕事の日々。
資料室に入っていた、写真集「東大全共闘1968-1969」 
渡辺眸撮影 新潮社 をぱらぱらと見る。
その中にタテカン(たてかんばん)の写真があった。
そのタテカンには、
「○本大学全学共闘会議・○京大学全共闘会議を支持し
歴史家の連帯の挨拶を送る」なんてタイトルがついていて
以下檄文が書かれていたんだけども、その末尾の三人の
大学のセンセイの名前見て、謙介は目が点になっちゃった。
その檄文の発起人のひとりが俺が大学のときに歴史学を
習ったセンセイでさー。(笑)

あの人、俺が教えてもらったときなんか、もうすっかり枯れた
ジイサンで、講談社の学術文庫の柳田國男が書いた著作を
テキストにして、購読なんかしてたし、学生運動? 何のこと? 
っていう感じだったんだけど、
その昔はあらま、結構過激だったんだ。 ふーん。
と、ちょっとびっくり。

仕事が終わってからがんセンターに行く。
先週やっぱり九州の疲れが出て、
ちょっとしんどかった、、話をしたら
「謙介さんは、爆弾を抱えているのだから、
そのことを決して忘れてはいけない。」と
改めて釘をさされてしまった。
俺の病気は、今の医学では治せない病気だという
ことは何度も聞いた。 悪くなることは確実
なのだけど、その悪くなっていくのを
少しでも遅らせているのが今の状況。
だったら、悔いのないようにいろいろな
ことを最後できるまでやっておきたい、
っていうのが、俺の考えで、主治医は
病状の悪化を少しでも延ばしたいのなら
もうちょっと体調を穏やかに過ごせる
ようにしろ、という。
悔いの残らない最期、っていうのと
ちょっとでも長く、という二つの中で
俺も何度も煩悶してきた。
ただね、後悔はしたくないから、
今は、ちょっとしんどくても、その機会を、、
っていうほうを優先したいんだ。


行ったついでにインフルエンザの
予防接種もしてもらう。
今年はソ連型だそうな。しかし、、
ソ連って、、今時、、、。
ソ連なんてとっくになくなったのに、
まだ医学界で亡霊のように使われてるんだ、、。
今の中学生とかにソ連って言って、分かるのかしらん。(笑)

(今日聴いた音楽 ブラームス 交響曲 第一番
 カラヤン指揮 ウィーンフィル 詳しいライナーノーツは
 未詳。 しかし、うちのねいちゃんもだけど、
 ブラームスの一番を「ブライチ」なんて言うの、止めて欲しい
 のだけど、、。だってすごく変。)

|

« 鉄ちゃんごころを刺激する (西への旅;その3) | Main | After the Game(後編 その2) »

小説」カテゴリの記事

Comments

 良い状態で駆け抜けるか,ほどほどの状態でのんびり行くか・・・悩みますね。でもたぶんせっかちなところがあるから,いやでも駆け抜けちゃうかな,僕の場合は。
 それはともかく,無理はいいけど,し過ぎないように気をつけてくださいね。

 うちのバイト高校生たちもソ連のことは知りませんでした。
 ソ連のソビエトって地域とかの名前じゃないんだよ・・・って言っても,「ふーん,それで?」って感じですね(笑)
 あの失敗クーデタの時は,これからどうなるのかとかなりワクワクしたものですが(苦笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 07. 12. 10 PM 10:27

----Ikuno Hiroshi さん
 俺もそうなんですよ。それと今の病気が普通にしていたら、あまり病気を意識しないで済んでいる、というところと、俺自身が病気なんか意識してやるもんか(笑)なんて思っていますから、病気の自分っていう自覚が薄い、ということもあるようです。 俺としては、しないでいて、後からブツブツと後悔の言葉を言うのなら、多少の無理はしても機会があったら人に会いに行ったり、とか見たいものを見に行ったりしたいんです。しないでいて後悔するのはちょっとなぁ、、って思うんです。けど、そうはいいながら、主治医のお言いつけも、ある程度は守らないといけませんし、、悩みは尽きないのですが。(笑)

Posted by: 謙介 | 07. 12. 10 PM 11:09

会った際にあまりにも普通にしていたものですから、
それと気づいてしまうことがなかったのですが、
謙介さんのお体は医者に釘をさされるお体。
あまり、無理をなさらないでくださいね。

ソビエト崩壊は微かに覚えているのですが、
「ボンはどこの首都?」と聞かれると、
答えることができませんでした。
(教科書で習う頃はベルリンひとつでしたから)
こういう問題は年代の境界線がはっきり出るみたいですね。

Posted by: ヒシ | 07. 12. 11 PM 3:51

----ヒシさん
 詐欺病人の謙介です。(笑) 肝臓って、もう病状がよほどひどくなって、死ぬ直前まで行かないと黄疸が出るとか腹水が溜まる、っていう症状が出ないんですよね。そのうえ、自覚症状が人によってあまりなくて、、。(俺もないんです)だから気がついたら手遅れ、っていう人も多い病気です。ちょっと自重します。だけど、俺、入院してたときに、一時外出から戻って、パジャマを着ると、途端に病人になった、っていう気になりました。やっぱり気持ちの持ち方、っていうのもあるようにも思います。だから、あまり病気を意識しないでいたくて、ついあれやこれや、やってしまって、、(笑)
もうヒシくんのおっしゃる通りですね。無理しないように、だけど適当に意地も張って(笑)やって行きたいです。そういう国の名前とか、最近は日本の市町村の名前もどんどん変わっていますよね。今にきっとそうした変わった名前についていけなくなるように思います。

Posted by: 謙介 | 07. 12. 11 PM 7:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference After the Game(後編 その1):

« 鉄ちゃんごころを刺激する (西への旅;その3) | Main | After the Game(後編 その2) »