« あなにつっこんで撮った画像 | Main | 一足先に »

07. 03. 01

もむちゃん・おるちゃん

別に今日が3.1節(サミィル チョル)だから、韓国の話、というのでもないのだけど
今日の話は「もむちゃん」と「おるちゃん」。
(3.1節を念頭にしたのなら、こんな単語、最初からテーマに据えたりはしない。)
「ちゃん」がついてるから、どこかの誰か、というのではなく、
これは韓国語の単語。
ただ、「モムチャン」のほうは、大分知られるようになってきたよね。
「モム」って「肉体」だから、モムチャン、っていうと、直訳したら、肉体派、とでも
いうことになるかなぁ。
日本語直訳風で言えば、「身体のすごい奴」ということかな。(笑)

以前、ソウルに住んでいたときに、飛行機のチケットを買いによく市庁近くの
プレジデントホテルの中にあった○本航空まで出かけて行った。
ソウルの市庁は、首都の重要な建物だし、市庁前の広場で
いろいろなイベントをしたりするから、いつも兵士が警戒してたんだ。
俺のいた頃なんか、まだ、市内のあっちこっちで政治デモやら学生デモ
があってさ。
で、そのデモの状態があんまりひどいと、警察だか軍隊が、バーンって
催涙ガスを発射するの。
地下鉄の駅を降りて地上に出るにつれて、もうくしゃみが止まらなくなってさ。
そのうち今度は涙がボロボロ出はじめて、、。
そのころはまだ花粉症の症状はなかったから、最初、くしゃみが急に何度も出るなんて
訳わかんなくて、、。 で、下宿のアジュマ(おばさん)に聞いたら
「ああ、あれは催涙ガスだよ。」ってこともなく言われたことがあった。
それで市庁の近くに行ったら、そういう催涙ガスの被害にあったことが何度か。

でね。まぁデモのない日は、兵隊さんがバスで乗りつけてそこら中を警備してるんだ。
最初見たときは、「おおっ!」って思ったねぇ。迷彩服に、仕事中って
いうこともあって、きりっとした顔立ちででさ。
おまけに兵隊で鍛えてるから、身体だって筋肉質で、そのうえシャープで。
なんとまぁかっこいいんだろう、って思って、ほれぼれと見てしまったり、
ぼーっと彼らを見てて、あやうく飛行機の切符の用事を忘れそうになるところだった。(笑)

それでちょうどお昼前になんか行くとね。彼らも昼食の準備してるわけでさ。
学校の給食みたいに大きなボールとか金属製の平たい容器に焼き肉とかキムチとかが
入ってきてて、それを平面にボコボコとくぼんだ所のあるトレーに
順番についでいってね。それが彼らの「トシラク」(お弁当)。

そんな作業をやってるのを見ながら横を通ったこともあったなぁ。
さすがに食べ物の配膳だから、警備の時とはちょっと違って柔らかな雰囲気になっててね。
「オマエ、これ、少ないぞ。」とか「こっちは多すぎ。」とか、一緒の連中と言い合いながら
配膳してた。モムチャン、って言うと、俺「権相佑」なんかの役者さんでなくて、
そんな市庁前にいた兵隊さんのことを思い出す。
彼らを見てて、俺つくづく思ったのは、日本人と韓国人って、やっぱりはっきりと
人種が違うなぁ、、っていうこと。
彼らはやっぱり骨太で、体格も大きな感じがした。
それに比べて日本人ってやっぱりスポーツやってる体格のいい
人でも、韓国の普通の男の子に比べてもどこか華奢な感じがする。やっぱり骨格が華奢だし
体つきも大きくがっちりと、っていう感じじゃない。


オルチャンっていうのは、「オルグル」で顔を意味するので、
オルチャンは、「顔のすごい奴」ということで、まぁ意訳すれば「イケメン」と
いうことになるのかな。
イケメンっていう言葉、韓国ではどういうの? ってちょっと前に
ソウルの姉にメールで尋ねたら、しばらくたって返事が来た。
だけど、オルチャンについては全然言及がなくて、画面いっぱいに
「チュオ!!!」って書いてあった。
いやまぁ、ソウルの冬は、チュオだとは思います。そりゃ、そうでしょうけど。(笑)
画面いっぱいに大きなハングル文字で「チュオ」って。
「チュオ」はちなみに「寒い!」っていう言葉。

寒い上に、彼女の住む江南のアペートゥ(日本語ではアパート。但し、
日本の感覚で言えば、マンション。)のオンドルが故障したとかで
全然暖かくならずに、彼女に言わせたら、凍死寸前で、そんな状況で
イケメンなんか考えられるはずもなくて、思考停止になってたのよ、という
ことだそうだ。なので「チュオ」だって。(笑)

最近では、「オルチャン」っていう単語もあるけど、「キンカ」っていう単語も
あるんだそうな。ただし、「キンカ」っていうのは韓国語ではなくて「King Card」
っていう英語由来の言葉。ちなみに、キングだからね、顔はもちろんのこと、
経済的な裏付けもないといけないんだそうな。
あれま。
両方とも程遠い、というか、全く縁のない俺なんかは、、
最初から問題外、ということでしょうか。(笑)
でも、イケメンっていうのは、とりあえずいけた顔でしか
存在価値がないからイケメンって言われるんでしょ?
顔でだけしか判断されない、って若いうちはそれで
許されるのだろうけど、ある年齢になったら、、
それだけじゃあねぇ、、。


それに周囲を見たら、若い時に「ハンサムだ」「イケメンだ」って
騒がれた人のその後なんてごろごろしてるだろうに。
そんなことから、自分はどうしなければならないか? とか
考えてみたことはあるんだろうか?
そういうイケメンとか若い、っていうことにこだわる人に、俺
ちょっと聞いてみたい気もするんだけど。(笑)

年をとるにつれて、自分らしさの価値をどこに置こう、って思ってます?


話は変わって。
昨日だったか、韓国銀行の前の新世界百貨店(シンセゲェ ペックァジョム)
の本店の修理が終わって、オープンしたって、今日の朝日の記事で読んだ。
新世界は、植民地時代の京城三越。
初代の朝鮮統監の伊藤博文が、三越に迫って、京城に支店を作らせたのが
そもそものはじまりだって。
この新世界の本店の建物好きでよく行ったなぁ、、。
中は入ったら正面に大理石の大きな階段があってね。
そうそう古い百貨店のイメージそのものだった。
そりゃ、規模とか品揃えで言えば、ロッテとか江南の現代百貨店とかの
ほうが揃ってたんだろうけど、、そっちはあまりに広すぎてさ。
こじんまりとした新世界の本店が好きだったなぁ。

京都では京都近鉄百貨店(プラッツ)が昨日で店じまい。
京都駅に○勢丹ができて、ちょっと離れた近鉄までは
人が行かなくなった。
家からは離れていたから京都近鉄はあんまり行かなかったけど、
それでも、京都駅について、烏丸線の市電に乗ったら、近鉄が見えてきてさ、
(当時は丸物、って言ったけど)懐かしい建物だったけど。
これは昨日でおしまい。
なくなるもの。修理されて再び使われはじめるもの。
いろいろな時間が流れていると思うとおもしろい。


はてさて。
本日の行き着いた先のテーマは、「時間は立ち止まってはくれない。」っていうことで
「無常」ということになりましたですね。(笑)


(今日聴いた音楽 シンソンフン 歌 僕の形式通りの愛し方 
マンボ・ヴァージョン 1994年 アルバム シンソンフン Ⅴ から。
好きな歌です。いっときノレバン(カラオケ)に行ったら必ず
これを最初に歌ってたなぁ、、。)

|

« あなにつっこんで撮った画像 | Main | 一足先に »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

 そういえば,旧総督府の建物はもったいないことをしましたね・・・。染みついてしまった歴史はともかく,建物としてはかなりいいものだったのに。
 せめて日本に移築できればよかったのになぁ・・・

 モムチャンはとりあえず軍隊に行けばある程度格好は付くからいいとして(笑)
 オルチャンのために何ヶ所も整形をってのは,やっぱりついていけないデス。
 よくも悪くも「人工(というか手を加えるのが)好き」な国民性だな,と(笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 07. 03. 03 at 오전 12:08

----Ikuno Hiroshi さま
 総督府の建物、あのとき一般市民の意見は、
朝鮮日報だったか、アンケートを取ったら5対4くらいで、やや
保存派が優勢だったようです。まぁきわどい結果だったから、
別の機関が取ってたら、別の結果が出てたかも
しれませんけど。でもそうムチャクチャにどうでも壊せ
ということでもないような感じでした。
が、当時の大統領が日本が好きじゃない
キムヨンサムさんだったんで、最後は大統領の意見で
壊した、とのことです。総督府の建物、いまだに使っている
台湾といい対比ですね。
韓国の人、ホント整形好きですよね。 実は俺もソウルの
姉に「謙介氏、、、」といって結構強硬に身体のある部分
直せ、と言われましたもんね。だけど多いですよね。
整形して、年がいったら、、どうなるんでしょうね。
こっちは日本人ですけど、浜崎某女を見るたびに
そんなことを思いますです。

Posted by: 謙介 | 07. 03. 03 at 오전 10:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/14082819

Listed below are links to weblogs that reference もむちゃん・おるちゃん:

« あなにつっこんで撮った画像 | Main | 一足先に »