« 煮卵 | Main | せとか »

07. 03. 26

見るんじゃなかった、のDVD

食べ物とか料理がテーマの映画のDVDなんて
夜中に見てはいけないのは
わかっていたはずなのに。
このDVDのパッケージだかパンフレットだかにも
見たら必ずうどんが食べたくなりますからね、
ってわざわざ注意書きがあって、そのことは
十分わかりすぎていたのに。


「UDON」のDVD、よりによって
土曜の晩なんかに見てしまった。
やっぱり見はじめて10分くらいで見たことを後悔しはじめた。
だってさ、出てくるうどん、出てくるうどん、どれもこれも
みんなおいしそうなんだもの。
いや、確かに夜中だって開いてるうどん屋さんはあるんだ。
だけど、やっぱり体調がすっきりとはいかないから、
身体の動きがぐずぐずした感じで、でも食欲だけはあって。

そんな状況で車を出して、駐車場に停めて、そこからうどん屋に行く、
というまではなぁ、、とも思い直す。
結局見ている間中(結局最後まで見てしまった。)ずーっと
うどんが食べたい。けどなぁ、、という間で煩悶していた。 
あーばかばか。


ともあれ最近は、至るところにさぬきうどんの店があっちこっちにあって、
一昨年東京に行ったときにも、さぬきうどん、って看板を見つけて
びっくりした。
で、好奇心につられて入ってみたんだけど、なんだか
小ぎれいにちまちまとまとまりすぎている感じだった。
うどんなんて、言ったら高校生が学校の帰りに店先に自転車とめて
食べるようなものなのに、きれいないれものに入って運んできてくれる、って、、
なんだかうどん本来の持ってる勢い、っていうようなものが、
いまひとつ感じられなかった。

それは、この間赤福を食べたときにも感じたことなんだけど。
やっぱり赤福だって伊勢まで行ってさ、内宮の参道で食べるのが一番だって
思う。何だかよその土地で赤福を食べても、確かに赤福は
赤福なんだけど、どうしても伊勢の内宮の参道で食べるそれとは
同じじゃない、って気がする。

とはいえ、俺なんか病人だし、そんな遠い
ところまでは行けない、っていうこともあるし、たとえば北海道に住んで
いる人に、いくらそういうのがいい、たってさ、香川までたかが一杯130円
のうどんを食べに行けない、っていう場合だってありはするんだけど。
でもホントのさぬきうどん、っていうのなら、できるなら香川まで来て
土地の空気とか光を感じながらうどんを食べる、というのが
一番じゃないか、とは思う。

ということで、日曜のお昼はうどんに決定。
映画のUDONの中でも語られていたことだけど、人口1200万の
東京の○クドナルドの数が500店。人口たかだか100万ちょいの香川県のうどん屋
の数が900店。人口比率で割れば、まぁ確かに多いという気はする。

せっかくだから、このDVDの中に出てきた、うどん屋に行こう、
っていうことになったんだけど、それがまた困った。
この辺のうどん屋って、土日休みの店が多いの。
いや、土曜はそれでも何とか開いてる、っていう店でも、日曜は閉める、
っていうところが多い。
というのが、元々、この辺のうどん屋って、天ぷらうどんとかきつねうどん
っていうようなうどんを食べさせるお店の形態っていうのがそもそもの形じゃ
なくてさ、麺を作って、その辺の食料品店とか学校とか病院とか役所に
納める店がそもそものスタートだった、っていうところが多い。
製麺所だった店が、「ついでにうどんが食べたい。」っていうお客が来るように
なって、「それじゃ」っていうので、醤油とかネギ程度を置いて
食べさせるようになった店。最初からうどん食堂として出発した
という店も多いけど、俺のよく行くうどん屋は、大抵製麺所から出発した店って
言う方が多い。映画の松井製麺所の設定もそうだったよね。
ただしこういうお店は
どうしても学校・会社の休む土日はうどん屋も休みになる。

ということで映画の中に出てきた店で、日曜が開いていて
比較的近所で、車も駐車できて
なおかつさささっと食べられて、と条件を次々インプットしていく。
いつもは大して働かない謙介の頭なのだけど、
こういう時には、インプットされた情報を元にあっという間に
答えを出すことができる。(笑) 

車で10分ちょっと走って目的の店に到着。ここは製麺所から
スタートしたのではなくて、最初からうどん屋としてできた店。
日曜だから製麺所系列の店は開いていない。
店内に入ると、わっ!店の中を半周する20メートルくらいの行列。

だけどうどん屋の行列はあった方がいいかもしれない。
その間に自分は何を食べようか、って決められるから。
ぶっかけにしようかな、釜玉も捨てがたいぞ、
あ、ざる食べてるあの人おいしそうやなぁ、、
うーん、でも天かすの入ったかけもいいかも、、
思いは千々に乱れて(大げさ)なかなかまとまらない思考。
そうしていたら、フェイントで、「中華そば」っていう奴もいて。(笑)
ようやっと決まったのが、カウンター近くのお盆を取るあたり。
おばさんに叫ぶ。「かけ小。」(ホントは大が食べたい。)
後、タコの天ぷら(さつまあげではない小麦粉の衣をつけた天ぷら)
をもらう。
以上で230円。(内訳かけ小130円 天ぷら100円)
後これにいなり寿司をつけたとしても500円でお釣りが来る。

普通のかけうどんだから、うどん玉の入った丼を渡されて
お金を払う。
後は全部自分で好きなようにうどんを湯でさばいて丼を温める。
湯切りをしたうどんを丼の中に入れて、ネギと天かすをかけて
お出汁を自分で好きなだけかけて、好きな場所に行って
食べる。


他の場所でセルフうどんっていっても、トレーをカウンターの入口で取って
注文するところで、欲しいうどんを言ったら、調理されたうどんを
渡されるのが多いんだけど、こちらは、そうじゃなくて
完璧なセルフ。
かけうどん、って言ったら、丼に入ったうどんだけしかくれない。
後の調理というか、最終段階の調理は食べる人が行うというシステム。
実は、うどん屋に行くのに最適な時間というのがある。
それがその店、その店で違うんだ。
製麺所系統の店なら、朝早い時間に。うどん店としての店なら
お昼前に。要するにうどん作りのピークの頃に行くと、
新しいゆでたてを食べられるからね。
だから、とりあえず店に何時に行ってもいい、っていうことでもない。
その店に合った時間、っていうのがあるんだよ。
さすがにそこまで書いてるうどんガイドのサイトって少ないんだけど
地元の人間って、そこまで注意をしていたりする。
「○○は、もう作る時間終わっているから止めよう。」とかね。


昨夜DVDを見ながら煩悶していたことも忘れ、一気に食べたワタクシ。
5分後。
おいしく完食いたしておりました。


しかしかえすがえすも惜しまれるのは、映画の中に出てきたN北の大将。
映画の中で、大泉○が大将の店に入ってきて「これ揚げていた。」と
自家製のアスパラを差し出すシーンがあった。
映画の撮影は4月。すでにこの頃N北の大将、すい臓がんで末期
だったそうな。だから顔を見ててもいまひとつ元気がなさそう。
ちょうど映画の公開と時を同じくするかのように
大将は亡くなってしまった。
しかし、N北の大将、銀幕にその姿を遺したことで、永遠に消えない
存在になった。そう考えたら、フツーのおっさんの最期が突然
ドラマチックな結末になった。
すごい!
大将、もって瞑すべし。


月曜なので、仕事帰りに病院に行く。
今、世間ではタミフルで異常行動を起こしたって
騒いでいるけど、今俺の使ってる薬だって異常行動を起こしやすいので
投与に当たっては、、十分注意のこと、っていう但し書きが使用説明書の
最初にでかでかと載っている。 うつ状態になって、首を、、っていう人が
連続して何人も報告されている。

毎週、主治医が必ず顔を見せてくださいね、って言っている裏には
そうしたメンタルチェックをして患者の心理面もチェックする必要が
あるからみたい。
ちょっと血液で気になるところがあるので、採血をして検査。
結果はお明日とのこと。

(今日聴いた音楽 ビゼー作曲 歌劇カルメン全曲 カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏  ドン・ホセはカレーラス
カルメンはバルツァでございました。1982年の録音)


|

« 煮卵 | Main | せとか »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

 しまった。
 読むんじゃなかった,このエントリ。
 うどん,食べたくなってきたじゃないですか(笑)

 実は,うちから自動車で7分くらいのところに,讃岐うどんのお店ができてるんです。
 ・・・上り坂だから,自転車で行くにはモチベーションがかなり高くないといけないけど(苦笑)

 何度か彼氏の車で行きましたが,卵を絡めた「釜玉」っていうのが二人のお気に入りです。
 沖縄そば(スバ)もいいけど,うどんもね!(あ,蕎麦もっ! 笑)


 「タミフルによる」異常行動,僕はちょっと懐疑的です。海外でほとんど報告されていないようだし,服用しないでも起こった異常行動の例が集められていなくて,疫学的に正しいかどうか判断できない状態だし。
 マスコミ,センセーションに騒ぎ過ぎだと思います。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 07. 03. 27 at 오전 12:03

 ・・・タミフル,日本の使用量は桁違いなんだそうですね。その辺も海外で異常行動がほとんど報告されていない原因なのかな。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 07. 03. 27 at 오전 11:19

----Ikuno Hiroshiさま
 薬の認証っていうのが、以前みたいに実験を繰り返してから、なんてのんびりしたことではなくて、他国で効く、
となったら、ある程度の過程は省略してさっと認証されるようになった、っていうこともありますよね。
 俺の今飲んでる薬なんかもひどい話で、これを
飲んだら6割の人が一定の効果があった、ということは
臨床データで出ているらしいのですが、じゃあ、
薬の何が病気に働きかけて効いているのか? という
点は、分かっていないんだそうです。(笑)
 分からないまま、とりあえず効いている人も多いしぃ、
っていうことらしいです。タミフルも、使ったら
多数の人に効果があった、っていう結論がとりあえず
あって、今から細かい部分の詰めをやっていく、っていう
ことなんでしょうね。だから、多分これからいろいろ分かってくる、っていうことなんでしょうね。薬だから、どうしてもそういう副作用っていうのは避けられないですし、きつい薬なら、副作用も大きいかもしれません。ただ副作用のない薬なんていうのはないわけで、使う側も冷静にそういう副作用について考えて置かなければならないように思います。それとおっしゃるように、マスコミも過熱しすぎ、っていう部分があると思いますね。
 釜玉、俺も好きです。(笑)

Posted by: 謙介 | 07. 03. 27 at 오후 12:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/14398591

Listed below are links to weblogs that reference 見るんじゃなかった、のDVD:

« 煮卵 | Main | せとか »