« 滞院日誌Ⅶと退院報告 | Main | 紆余曲折を経て »

07. 01. 09

退院してから

土日月の3日間、休み休みしながら
かたづけをした。年末年始をはさんだので
いろいろと溜まっていたこと、
しなきゃいけなかったことが山のように出てきて、
一体いつになったら、かたがつくのかな、と思ったけど
何とか月曜の晩までに終えられた。ふぅ。
土曜に例の委佐子のスーパーに行って
あれこれと食料を買い込んでおいた。
土曜はまだこちらは暖かかったので
買い物も楽にできてよかった。


で火曜の今日から出勤。
こちらは幸いなことに年末年始を挟んだから
あまり目立った新しい仕事は増えていなくて、
ちょっとホッとしたところ。


月曜の夕方、本屋の雑誌のところに行ったら
韓国映画やら歌手の特集雑誌が山ほどあって、
改めてびっくりしてしまった。
もうあれは過去の話と言われて久しいけれど
根強い人気があるのかしらん、って改めて思った。


で今日、昼休みに
俺の職場のパートのおばちゃんに「裴勇俊」っていう人名読める? って
聞いてみたけど、「そんな名前知らんわ。」と冷たく言われてしまった。
「カタカナで書いたらペ・ヨンジュンですけど。」と言ったら、
「それならよう知ってるわ。」とのこと。(笑)

何でこうなったのか、と言えば、NHKは韓国人の名前の表記は
原則的にカタカナで書く、というきまりがあるから。
だから「チャングム」なんか、そもそもタイトルからして「長今」なのに
カタカナで「チャングム」だよね。 そういうきまりがあるものだから
アニメ版、実写版とも声の出演とか出演者、制作者まで、
韓国人の名前は全部カタカナ書きになってたよね。
クォン・サンウだって漢字で書いたら「権相佑」だもの。
だから「サンウ」って日本語読みしたら「そうすけ」だろうか。(笑)


まぁそういうことで、NHKは「勇俊」と書かずに
「ヨンジュン」って書いたから、「ヨン様」になった、と。
漢字で書いたら「勇様」なんだけど、でもこれじゃあ
大してインパクトなさそうだよね。(笑)やっぱり「ヨン様」の
ほうがインパクトは大きいか。

韓国の義務教育の中ではほとんど漢字を習わない。韓国の言語学界には
もう長い間漢字使用賛成派と完全ハングル表記賛成派、っていう二つの
派閥の対立があってね。長らく「ウリマル(われわれのことば=韓国語)は
完全にハングル表記でなければならない。」っていう派のほうが力が強くて
学校で漢字を教える、なんてことはしなくなっていた。
だもんで今の50代以下の一般の人は(日本語を勉強した、とか
佛教を勉強した、なんていう人は別として)普通の人は学校で全く漢字を
習っていないから、読めないし、書けない。
94年ごろに朝鮮日報が一時漢字を使いましょう、ってキャンペーンを
はったけど、あまりに人々が無関心だったから、すぐやめちゃったくらいだし、、。


ハングルってまぁ、言えば日本語の「かな」のようなものだから、元の文字が
漢字ではないからという連想でもって、NHKは、ハングルで書かれた人名を
日本語訳するときにカタカナ表記にしたの、かな?
ちょっとおばちゃんと話していてそんなことを考えてた。

お正月の気分もそろそろ一新しなきゃ、っていうところで
テンプレートのデザインも元にもどしました。

|

« 滞院日誌Ⅶと退院報告 | Main | 紆余曲折を経て »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

カタカナ表記じゃないと駄目なんですか、はじめて知った。
そう言えば、カタカナですね。
僕、ただ、単純にカタカナのほうが親しみやすいからかな?くらいにしか思ってませんdねした。そうか…。
韓国の人って義務教育で二カ国語を母国語以外に勉強するから、語学は達者ってイメージがあったんだけど、漢字は勉強しないんだ…。
またまた勉強になりました。

あんまり無理しないでお仕事や生活、徐々にエンジンかけていってくださいね。せっかく退院して少し元気になられたんだから、無理は禁物ですよ。

Posted by: holly | 07. 01. 09 at 오후 9:29

----hollyくん
 お見舞いありがとうございます。
韓国の大人の人たち(30代から50代の人)自分の名前が漢字で書けたら、もうそれはすごい、っていうようなことかもしれません。
 漢字を習わないから、読めない書けないなんです。けどね、韓国語
なんて漢字由来の発音が多いから、絶対漢字を知ってたら
便利なんですけどねぇ。その「便利」だって「ピョルリ」だし。(笑)
自動車が「チャドンチャ」だし「電車」が「チョンチャ」ですもんね。

 それから日本の報道機関とか出版社って、各社微妙にそういう表記のクセがありまして。某新聞社は「龍」の字は使わず「竜」しか使わない、っていう規則があるから「芥川竜之介」なんていうことになってたりするんです。竜之介ってあったらちょっと違う人みたいですよね。

Posted by: 謙介 | 07. 01. 09 at 오후 9:57

 今さらですが,退院おめでとうございます。

 韓国語も日本語ほどではないけど同音語がけっこう多いので,区別するためにも漢字表記を混ぜた方がいいと思うんですけどねえ・・・(汗)

 アルファベット表記のクォックグーにしたヴェトナムもそうですが,過去の漢字資料が一般の人の手が届かないものになってしまうというのは,文化の継続という点から見ても問題だと思うのです。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 07. 01. 10 at 오후 11:59

-----Ikuno Hiroshi さま
 あけましておめでとうございます。
 コメントは残してないのですが、サイト楽しみに拝見して
おります。「おといねっぷ」おもしろかったです。
ふたりでまったり、、 いいなー。(笑)
 さて。
 そうですよね。俺も韓国語習ったときに先生が、
何せハングル表記ばっかりになってしまったから、発音が
同じで意味が全然違うものが出てきて、文章の前後で
判断しないといけないことが増えました、なんて解説して
くれました。鼻血とコーヒーと複写が全部「コピ」
なんて説明があったのを思い出しました。
今年もよろしくお願いいたします。

Posted by: 謙介 | 07. 01. 11 at 오전 12:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/13400916

Listed below are links to weblogs that reference 退院してから:

« 滞院日誌Ⅶと退院報告 | Main | 紆余曲折を経て »