« あなたは声をあげて泣くことができますか? | Main | 何をたべても »

06. 12. 08

ソウルの匂い

先週の土曜から急に寒くなってきた。
今までが暖かかった分もあるから、その寒さの感覚が
余計に強く感じられる。


日曜、実家の近所の人が、ソウルに行って来た
と言っておみやげの辛ラーメンをくれた。
ソウルで買ったものだから、当然裏の作り方はハングル表記。
久しぶりだったので、韓国国内仕様の辛ラーメンを
しげしげと眺めていたら、オヤジが食べたい、と言った。


「辛いよ。大丈夫?」と一応聞いておく。
「それくらい、大丈夫。」ということなので、小鍋にお湯を沸かして作る。
石油ストーブのにおいのする部屋で辛ラーメンを作っていたら、
部屋がソウルにいたときと同じような匂いになった。
ソウルにいたときは、ストーブはなくて、
オンドルとエアコンだった。


ソウルにいたとき、友達とよく宴会をした。
学校の近くの屋台だったこともあるし、
ちゃんとしたお店で、だったこともあるし、
俺とか友達の部屋で、ということもあった。
大抵何やかやと食べて、最後はラーメンの鍋。
ちょっとびっくりしたのは、家でなくて、
外のお店でも、ラーメンを頼むと、アジョシ(おっちゃん)
が棚にあったインスタントラーメンの袋をバリバリと
破いて、中の麺を俺たちが食べ終わった鍋に放り込んだことだった。


日本だったら、外の店でラーメン頼んで、○前一丁とか
○ッポロ一番味噌ラーメンが出てくるなんて考えられにくいよね。
いや、まぁ絶対無いとは言えないかもしれないけど、
(最近変わった種類のインスタントラーメンをわざわざ出す、
っていう店が結構人気だ、って雑誌で読んだから、まぁ
あるにはあるんだろうけど。)普通にラーメン屋で
チキラーが、ヘイお待ち、って出てくることは、ないよね。(笑)
でも俺のいた頃のソウルって、それが当たり前だった。


石油のコンロのにおいと、辛ラーメンの匂いで呼び覚まされた記憶は
あのころよく一緒につるんで遊んでいた、友達の笑い声とか、
一緒に食べにいった屋台のおでんとか、サムギョプサルとか
(全部食べ物関連)の細かな情景まで思い出させた。
匂いから思い出す記憶っていうのもあるよね。


あ、これはあのときのあそこの匂いに似てる、とか。
街角でふっと匂ったものから、以前の自分の記憶が
急に引き出されてきたり。


みんなには忘れられない匂いの記憶、ってあるだろうか?


(今日聴いた音楽 花ぬすびと 明日香 歌 1982年発表)

|

« あなたは声をあげて泣くことができますか? | Main | 何をたべても »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

香りや臭いって、人生のシーンを思い出したりしますよね。
僕もあるパフュームの臭いは、昔のとても良い思い出になった恋人を思い出しますし、檜の臭いをかぐとリラックスじゃなくて、人生経験で背筋がのびたりします。笑。

韓国の屋台、おそるべしですね、インスタントラーメンなんですものね…笑。
日本だと、初めての時は知らないで頼むかもだけど、2回目は、まちがいなくインスタントラーメンの店では、ラーメン注文しないかもです。ほかに食べ物なかったら頼むかもだけど…。
韓国のラーメンでメンにじゃがいも入ってるやつ、美味しいですよね。
僕、辛いの好きなので日本のインスタントラーメンにキムチを入れて無理矢理キムチラーメンにして食べることもあります。笑。
今日のBLOG読んでたら、また韓国遊びに行きたくなってしまった。笑。
あったかくなったら計画して旅行しようかな…(^_^)

Posted by: holly | 06. 12. 09 at 오후 10:30

こんにちは
そうなんですよ。
じゃあ、締めはラーメン、っていうことになったとき
いきなりアジョシが、インスタントラーメンの袋を破りだしたのには
口、あんぐりでした。
だけど、みんな、それが普通だと思ってたらしくて
別に何も言わなかったのも、びっくりしましたけど。

そういえば、今ではソウルにも○タバとかできて
それなりのコーヒーを出すショップもあるんですけど
俺が最初に行った頃って、コーヒー頼んだら
お湯の入ったやかんと、ネスカフェの瓶が
でてきて、のけぞりました。
でも、それが普通だったんです。
だから、そういう考え方がラーメンにも
残っていたのかもしれません。

Posted by: 謙介 | 06. 12. 10 at 오전 10:19

お湯の入ったヤカンとネスカフェの瓶がでてきちゃうんdねすかぁ〜
それは、ちょとひくかも。笑。
昨年、暮れに韓国旅行したときにミョンドンのスタバでお茶しました。
トイレが手のひらにはんこおしてもらって裏の別のビルの警備の人に手のひらのスタンプ見せてトイレに行った、思い出があります。あれもスタバで初経験でした。お国が違うと、文化や流行もいろいろ違いますね。>^_^<

Posted by: holly | 06. 12. 10 at 오후 6:29

そうなんですよ。

喫茶店でコーヒー、って言ったら、いきなり○スカフェの
瓶とか、○ックスウエルの瓶が出てきて、ハイ、って
言われて、、、「なんじゃこりゃ。」って思って絶句しました。
それが、○トールができて、江南の三成洞のほうとか
旧市内でも大学路のほうにオシャレなカフェができて、、。
そして今やスタバです。

ソウルのスタバ、最初は新村(シンチョン)の梨花女子大の前に
できたんだそうです。どうやらソウルも梨大の「じょしだいせい」に
スタバというオシャレ路線からスタートしたようですね。
韓国本土にはスタバがあるのに、済州島にはスタバがない、
なぜだ、って昨日か一昨日の朝鮮日報にありました。

ちなみに四国の松山のスタバには、俳句の額がかかっています。

Posted by: 謙介 | 06. 12. 11 at 오후 7:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/12985216

Listed below are links to weblogs that reference ソウルの匂い:

« あなたは声をあげて泣くことができますか? | Main | 何をたべても »