« 思い出したこと(滞院日誌Ⅳ) | Main | どうもありがとうございました »

06. 12. 28

小説の文章とドラマと

昨日ドラマのことを少し書いたけど、
ドラマも小説も少し似ている部分があるよね。


ドラマも小説の文章も絶対に
してはならないことがある。
それは、状況を説明してしまうこと。


登場人物がどういう奴で、今はどんな気持ちでいるか、
なんていうことを、文章として小説の中に書いてはいけない。
セリフで言わせてはならない。


ほら、よく刑事物のドラマであるじゃないか。
「え? ××で殺し? で、被害者は? 中年の女
後ろから刺されて、、。」っていうの。
あーあ、って思う。

そんなこと、役者に言わせてどうする?
まるっきり説明じゃないか。そういうことは
スクリーンの中で黙って見てる側に分からせるように
しなきゃ。


それから小説。
「翔人は今、自分は寂しいと思った」
なんて文章が読んでた本の中に書いてあったら、
俺、もうそこでその本読むのやめる。(笑)


小説の文章って言うのなら、少なくとも書く側は、
今主人公がどういう気持ちであるのかを、想像させて
読み取らせるように仕向けなくちゃ。
今、彼はこんな気持ちだ、って書いてしまったら
読者に想像させて考えさせる余裕を与えないことになる。
文章にも奥行きがないし、意味の拡がりがない。
もちろん言葉の余韻だってない。


そういう小説、そりゃあ、読んだら楽だろうさ。

だって、書く側が先回りして、ここは主人公がこういう気持ちで
こうなってああなって、、って書いてくれているんだもの。
何の疑いもなしに、次はこうなってああなって、、って。
こんなの小説じゃないじゃないか。(笑)
読んでいて次はどうなるんだろう、なんて全然なくて
単なる予定調和の確認作業。

こんな作品すごく多いから最近の小説ってあっという間に読める。
新幹線ののぞみに東京から乗るとね、列車が阪急京都線の上新庄の駅が
右に見える頃には、「あー読み終わった。」って済んでしまう。

こんな小説って読んだことない?
主人公は何とか高校の何年生で、部活は○○部で、、
とか、俺は今日はケツがうずいて仕方がないので
ハッテン場に来たとか。
これは全部状況の説明だろ?
そんな状況を説明してどうするんだよ。(笑)


小説なら、小説の文章っていうので書くのなら、
そんな説明はキーワードにしてぽつんぽつんと
作品の中に埋めておいて、読者に読み取らせなきゃ。
だから小説の文章って書くの難しいし、それなりの
修練が要るんだと思う。

小説の文章っていうのは、ルポルタージュとか
ノンフィクションっていう事実を記録した文とは性格が違うもん。
小説の文章って、そんなのじゃないはずなんだけどな。

で、
こちらに過去に書いたのがあるから、良かったら
まぁ読んでやってください。(笑) いくつかの作品の下で、本文へ、というのが
あるのについては文章が読めます。


今日あたりから正月を自宅で過ごせそうな人は
自宅に帰るようになってきた。


みんなはどこで来年のお正月を迎えますか?


|

« 思い出したこと(滞院日誌Ⅳ) | Main | どうもありがとうございました »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/13239839

Listed below are links to weblogs that reference 小説の文章とドラマと:

« 思い出したこと(滞院日誌Ⅳ) | Main | どうもありがとうございました »