« 病気のこころがまえ | Main | 立ち尽くす明日 »

06. 11. 30

作品1

ブログ化する以前、タイトルで使っていたもの。
筆は羊毛。紙はかな用の紙。 墨は奈良の三条通
○川文林堂製のもの。 
オーソドックスな楷書で書いてみた。


Shuchaku_moto01_1

|

« 病気のこころがまえ | Main | 立ち尽くす明日 »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

 
すげー。かな用の紙とかあるんですね。毎日いろんなフォントのテキストを縦組みにしてみたり横にしてみたり変形してみたりしていますが (仕事で)、どうしてもヒトが手で書いた文字の美しさには敵わないような気がしています。今の「百の扉」の題字とか、ちょっと迫力ですよね。

Posted by: 黒須 | 06. 12. 01 at 오후 8:37

ありがとうございます。
紙も筆も墨もかな用と漢字用って、あるんですよ。
で、書く作品にあわせて紙とか筆とか墨も全部
変えるんです。
紙屋さんなんかに行くと、この墨の色だったら、この紙が、、
とかこの筆にこの紙だったら、これくらいにじむから、、、
って実はもうほとんど化学実験というか、順列組み合わせの
世界だったりするんですよ。
結局、試しに何枚ずつか紙を買って帰って、字を書いて、一番
見栄えのよさげな紙を選んで、改めて買いに行く、っていう
ことになるんですよ。字なんて、さささっと書いて、ホラ
できた! 簡単じゃないか、って、
思ってる人結構多いんですけどね。(笑)

Posted by: 謙介 | 06. 12. 02 at 오후 2:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/12884251

Listed below are links to weblogs that reference 作品1:

« 病気のこころがまえ | Main | 立ち尽くす明日 »