« こんなお天気の日には | Main | 仕方がないから「酒」にでもするかねぇ。 »

06. 11. 20

「パンジャ」さんの物語

去年の7月16日のこと。

そう。はるかな昔のことではなくて、2005年の7月。

○坂○リンスホテルの一室でひとりの韓国人の男の人がなくなっているのが
発見された。
一応16日の死亡ということにはなったそうだけど、心臓麻痺で
本当のところはいつなくなったものやら、定かではない、とのこと。
その人のなくなっていた人の名前は李玖さん。


もともと、そのホテルのあった場所は、彼の両親の屋敷だったところ。
今の○坂○リンスホテルの旧館は李王家の屋敷の建物。

彼のお父さんは英親王。お母さんは日本の梨本宮から嫁いだ(梨本宮)方子(まさこ)さん。
方子さんは、本来は昭和天皇の皇后になる、との話もあったらしい。
しかし、彼女は李王家に嫁ぐことになった。
日韓融和のシンボルだ、政略結婚だといわれた。

今度の金曜かな。(24日)
○ジテレビで、その英親王と方子さんの話をドラマでするみたいだね。
英親王がV6の○田くんで方子さんが○野美穂だって。

戦後、李王家は、日本の皇族から外された。
かと言って、韓国も彼らの帰国を拒んだ。
そうしてかの王家の人々は日本で持っていた財産を切り売りしながら
生活をしていた。
旧李王家の人々がこうむった戦後の苦労は本田節子さんの本に詳しい。

俺がはじめてソウルに行った頃は、まだ方子さんはお元気でいらっしゃった。
方子さんは、明暉園という恵まれない子どもための施設を
ずっと経営されていて、その運営資金を調達するために
昌慶宮(チャンギョングン)の中の楽善斎(ナクソンジェ)に住まわれて
七宝の作品を作っては、個展で販売される、ということを
されていた。(ちなみに明暉は英親王の雅号)

いつだったか、ソウルの仁寺洞に筆を買いに行ったら、
その書道用品店のアジョシが、「ケンスケシ、あんた、これ
買わない?」 って言って、その方子さんが絵付けされた
お皿を見せてくれたことがあった。

そんな畏れ多いもの、、、といって見せてもらっただけだったけど。

それからまもなくして、方子さんはお亡くなりになった。
韓国の人は、生前方子さんのことをあまりよく言わなかった。
当時の日本の国策に乗って、李王家の正統を破壊してしまった女
という言われ方をした、ということも俺は聞いた。

しかし、いろいろなことはあったけれど、
その誠実な人柄はやがて韓国の人にも受け入れられたようだ。
彼女が亡くなったとき、
葬儀は李王家の伝統にのっとった形で行われ、
最後の「国母」の葬儀の列を
哀悼の意を持って見送った。
その永訣を惜しんだ。


だけど何かタイトルだけ見たら、ドラマ、
波乱にとんだラブロマンス、っていうことになるのかしらん。
果たして如何相成りますことやら。
(しかしまぁ、ちっともゲイゲイしくない文章やなぁ、、。笑)

(今聴いている音楽 パティ金 歌  離別(イビョル)
1990年発売 レーザーディスク 世宗文化会館でのリサイタル録画版)

(「方子」を韓国語読みすると「パンジャ」となる。
方子さんは、かの地の人からはパンジャさんと呼ばれていた。)

|

« こんなお天気の日には | Main | 仕方がないから「酒」にでもするかねぇ。 »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

 出演陣からして,あまり中身には期待していないんですが,それでも見てしまいそうです。
 李方子女史は,日韓双方でもっとスポットライトが当てられてもいい人物だと思ってますので,きっかけにはなる・・・かなぁ・・・?

 李玖さんの薨去は,皇孫のそれとは思えないほど寂しいものでしたね・・・いろいろご本人にも問題はあったようですが。
 義親王家も,何やらごたついている模様で・・・どうなることやら。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 06. 11. 20 at 오후 10:43

ねぇ、、。俺も大して期待してないんですけど、多分見るような
ことになるかもしれませんねぇ。
ホント、方子さん、もっとクローズアップされてもいい方だと
思います。
玖さんも、生前、ソウルの宗廟で王家の先祖祭礼の儀式を
行っていた時は、やはり当家の主としてでてきて儀式を
つかさどっていましたけど、、。
しかし、それにしてもおっしゃるように寂しい死でありました。
玖さん、やっぱりアメリカ人女性と結婚したり、また離婚したり
しましたし、、。 多分そういうことが、かの国の人の感情を
さらに複雑に屈折させていたのでしょうね。

Posted by: 謙介 | 06. 11. 20 at 오후 11:49

 僕がソウルに留学していた時に宗廟大祭を見学しましたが,あの時はまだ李玖さん帰国前で,司式は全州李氏宗族会(だったかしらん?)の理事長さんがやってましたね。
 来年はどなたがやるんでしょうか・・・まさか義親王家の最長老を名乗る「大韓帝国第30代皇位継承者・李ヘウォン翁主」サマとか(笑)

 事業に手を出して失敗したりしたのも,皇孫らしからぬイメージを増幅させることにになったのかもしれませんね。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 06. 11. 22 at 오전 1:08

方子さんのドラマがあるんですかぁ、見てみたい。
24日ですね。僕の地域で入るかな…チェックしておきます。
(^^)

Posted by: holly | 06. 11. 22 at 오후 4:06

-----Ikuno Hiroshiさま
 いや、ひょっとしたら、かもしれませんよ。これはあくまで噂ですけど
やっぱり王家の血の濃い方を、、なんて言ってた話を耳に
はさみましたし、、。ひょっとしてコンジュさまの出番かも
しれませぬ。

玖さんは、そうでしょうね。王族ならば、もっと慎み深くあって、
王家としての血筋を守らなくては、という
人たちの考えからは、思いっきりかけ離れてますもんね。
そうした人から、「何だあれは。道に外れてる。」っていう
イメージをもたれたんだと俺もそうおもいます。

Posted by: 謙介 | 06. 11. 22 at 오후 7:32

-----hollyくん
 さっき、ちょっと番組表見てみたんですけど、そちらのほうでも
放送するみたいですよ。また見てくださいね。
(といって、何だか○ジテレビの広報みたいですけど。笑)
 

Posted by: 謙介 | 06. 11. 22 at 오후 7:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/12759466

Listed below are links to weblogs that reference 「パンジャ」さんの物語:

« こんなお天気の日には | Main | 仕方がないから「酒」にでもするかねぇ。 »