« 近所の郵便局に行ったら、、 | Main | What is Ikizama? »

06. 10. 30

MBCとJODK(その2)

で、今日は再びムナパンソン(文化放送)の続きね。
この話、サイトの雑感のすごくはじめのほうでしたけど
(9月9日のところを見てね。)
放送局ってさ、各放送局ごとにコールサインっていうのが
あるよね。

NHKの東京は JOAK。 大阪がJOBK 名古屋がJOCK
で、つぎは当然JODKになるんだけど、どこでしょう?
東京→大阪→名古屋 ときたら、うーん福岡、とか 札幌
ということを考えそうなんだけど、実はこのJODK、今は
欠番。JODKって京城だから。

京城って分かる? 日本が植民地にしていたときのソウルの
呼称。だからJODKは京城中央放送局(キョンソンチュンアン
パンソングッ) その間のことは以前、このJODKのことを書いた
本が出てたんだけど、今は絶版になってるみたい。多分図書館
にはあるんじゃないか、って思うけどね。 

で、1945年の8月に日本が戦争に負けて、その後、
朝鮮戦争があったりして、ソウルと名前の変わった街も、
戦争のために破壊されてしまった。で、最初、釜山にこの
文化放送はできる。そうしてその文化放送がやがてソウルに
進出してきたときに施設として利用したのが、このソウルの中区
貞洞にあった旧NHK京城放送局の場所。(1969年)
場所で言うと、ソウルの市役所の西側に徳寿宮っていう旧王宮が
あって、その南側の道をずっと北西方向にあがっていくと、
西大門路との角に京郷新聞社があって、その横、ということ。
で、文化放送はここで1980年代のはじめまでいて、
後は江南の永登浦区の汝矣島(ヨイド)のほうに行ってしまう
のではあるけどね。

俺がソウルにいた頃は、ここにその名残の文化放送の体育館
が残ってた。だからソウルの最初の文化放送のあった場所は
ある意味で、かの地の放送開始の場所でもある、ということ
なんだ。 
ちなみに、チャングムも、こないだからはじまった「のだめ」と
同じパターンで、最初はマンガだったんだよね。日本でこの
アニメ版もやってるよね。あっちが最初で、好評につきドラマ化
した、と。 後文化放送製作でみんなが知ってる、って
言ったら、深キョンとウォンビンが出てた「フレンジュ」
ということになる、かな。

まぁでもドラマの時代考証って、ホンマめちゃくちゃやね。
NHKの大河ドラマもいい勝負だけどね。明治より前の
大阪って表記は、大坂だし、読みだって「おおさか」は間違いで
「おおざか」でないとね。だけど、ドラマの登場人物のみなさん
皆「おおさか」だもんね。(笑)
似たようなことではあるけど。

さっき仕事帰りに、主治医の診察。「大きな変化はなさそうですね。
気長に追跡していきましょう。」とのこと。

(今日聴いた音楽 WALKIN’  マイルス・ディビス(tp)
ハービー・ハンコック(p)ほか  1964年2月 ニューヨーク
リンカーンセンターにおけるライヴ盤)


|

« 近所の郵便局に行ったら、、 | Main | What is Ikizama? »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

そうそう。おおさかは、おおざか。天下は、てんが。此度は、こたび。浅井長政は、あざいながまさ、でないと気になって気になって。

Posted by: 黒須 | 06. 10. 30 at 오후 4:02

 こんにちは 学校の授業で2年間歌舞伎をやったおかげで
しょうか。(笑)史学科ではなかったのですが、そういう
言い方も自然に身についたように思います。高知の人に聞くと
「山内一豊」も正しくは「やまうち かつとよ」だそうです。
 22日のNHKの大河ドラマ、細川ガラシャの最期のシーン
でしたけど、よく考えたら、細川ガラシャ、って十何年か前の
首相だった、細川さんのご先祖さんでしたよね。
今ごろになって線がつながりました。

Posted by: 謙介 | 06. 10. 30 at 오후 6:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/12486580

Listed below are links to weblogs that reference MBCとJODK(その2):

« 近所の郵便局に行ったら、、 | Main | What is Ikizama? »